第4回新中学入試セミナー

本日2月16日(日)、和洋九段女子中学校高等学校にて「第4回新中学入試セミナー」が開催されました。詳しいレポートは明日以降になりますが、参加者にとってもスタッフにとっても、大変充実したイベントになったのではないでしょうか。21世紀型教育のイベントは他にも沢山ありますが、Z世代の生徒と等身大で交流できるセミナーは希少だと思います。 【スポン …

Read More »

「死の受容5段階」で教育業界を見る

精神科医のエリザベス・キューブラ・ロス博士は、たくさんの末期患者の看病を通して「死を宣告されてから受容に至るまでのプロセス」に気づきました。そのモデルが「死の受容5段階」です。その5段階は、【無視】→【怒り】→【取引】→【抑うつ】→【受容】となっています。(ただし、すべての患者が同様の経過をたどるわけではないそうです。詳しくはロス博士の「 …

Read More »

教育関連の統計データ

昨日のブログで紹介した書籍・FACTFULNESS(ファクトフルネス)では、データを基に世界を正しく見ることを推奨していました。そこで今日は、教育関連の統計データへアクセスできるリンク集をまとめておきました。ご活用ください。 【スポンサードリンク】 リンク集 文部科学省の統計情報まとめページ文部科学省の学校基本調査文部科学省の文部科学統計 …

Read More »

【本紹介】FACTFULNESS(ファクトフルネス)

SDGsのPBLで使える参考図書の紹介です。2019年にベストセラーになった本なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。FACTFULNESS(ファクトフルネス)、サブタイトルは「10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」です。 タイトルになっているFACTFULNESS(ファクトフルネス)は著者の造語で、「正しく事実 …

Read More »

SDGsに取り組む和洋九段女子の生徒たち

今週2月16日(日)には、第4回「新中学入試セミナー」が和洋九段女子中学校高等学校で開催されます。今回のセミナーのテーマは『「新タイプ入試」や「新しい学びの経験」を生み出すPBL型授業』です。 このセミナーでは、SDGsに取り組んでいる和洋九段女子の生徒たちと交流することができます。彼女たちが実践的なプロジェクトとして企画・開発した「SD …

Read More »

㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画

東京都の六本木で開催中の「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」に行ってきました。この展覧会では、日本デザインコミッティーに所属するデザイナーさんたちがデザイン過程で生み出したスケッチや図面、模型などを観ることができます。サブタイトルにある通り、”めったに見られない”作品の数々で、とても刺激的でした。クリエイターを目指している学生は …

Read More »

【本紹介】「人工光合成」とは何か

SDGsをテーマにしたPBL型授業をしていると、教師もSDGs関連のテクノロジーに興味が出てくると思います。今日はSDGsの7番目の目標、クリーンエネルギーのテクノロジーとして期待されている「人工光合成」の本を紹介したいと思います。 【スポンサードリンク】 書籍紹介 著者は個人ではなく、光化学協会(光化学の専門家による協会)が編者扱いとな …

Read More »

ブログ再開1ヶ月

2020年1月から再開したブログですが、無事に1ヶ月を迎えることができました。正確には今日で40日目です。再開当初は自分でも三日坊主にならないか心配でしたが、なんとか毎日更新を続けられています。 【スポンサードリンク】 ブログを再開して一番驚いたのは、想像していたよりも多くの方に最初から読んでもらえたことです。再開三日目に書いた「Soci …

Read More »

1月のアクセスランキング

2020年1月のアクセスランキングを紹介します。TOP3は1位「Society5.0は脱工業化社会(1)」、2位「【ワーク】未来の授業を考える」、3位「Society5.0は脱工業化社会(2)」でした。 【スポンサードリンク】 アクセスランキング Society5.0は脱工業化社会(1)【ワーク】未来の授業を考えるSociety5.0は脱 …

Read More »

【目次】Society5.0は脱工業化社会

脱工業化社会のポテンシャル図

論考「Society5.0は脱工業化社会」の目次(ランディングページ)です。(1)〜(11)へのリンク集と関連記事「学習指導要領による制限と教員の裁量」、参考文献を掲載してあります。 【スポンサードリンク】 目次 Society5.0は脱工業化社会(1)Society5.0と産業革命Society5.0のイメージSociety5.0は脱工 …

Read More »