プログラミング学習のツール

昨日はマインクラフトとscratchを使ったプログラミングの方法を紹介しましたが、「マインクラフトとスクラッチを使う」ことが小学生のプログラミング教育で正解ということではありません。今はプログラミング教育の選択肢がたくさんあります。そのどれを選んだとしても、基本的な「プログラミングの学習」は出来ると私は思っています。それでは、どういう基準でプログラミング教育のツールを選べばよいのでしょか。 【スポンサードリンク】 いろいろな選び方がありますが、私は「子供たちの興味のあるツール」で選んでいます。今回は講座の子供たちが”たまたま”マインクラフトを大好きだったので、マインクラフトでプログラミングを出 …

Read More »

マインクラフトでプログラミングをする方法(Minecraft × scratch)

先日、GLICCの小学3・4年生クリエイティブコースの準備として、マインクラフトを使ったプログラミング学習環境を作りました。プログラミング言語はscratchです。マインクラフトを好きな小学生は多いですので、ご家庭でプログラミング環境を作る際に参考になるだろう情報をまとめてみました。良かったら参考にしてみてください。(具体的な設定手順は、分かりやすい記事がたくさん見つかったのでリンク集として紹介しています。) 【スポンサードリンク】 プログラミングできるデバイス・OS マインクラフトは様々なデバイスで遊ぶことができます。iPhone・iPadアプリ、Androidアプリ、Windows、Mac …

Read More »

エンジニアという職業

土曜に参加した交流会での出来事です。子供たちの将来を考えたとき、一番安泰そうな職業は何かという話題になりました。ある小学校の先生はエンジニア(=プログラミングを仕事とする人)とおっしゃいました。それを聞いた私は、思わず「そんなことはない」と強く否定してしまいました。 【スポンサードリンク】 交流会という場で相手の意見を否定してしまったことは反省しつつも、「エンジニアが安泰」という考えを教員や保護者が持つのは危険だと私は思っています。私自身のエンジニアとしての経験から言うと、エンジニアは人を選ぶ職業です。そして、競争が激しい仕事でもあります。 プログラミング教育の必修化によって、少なからずエンジ …

Read More »

交流会

昨日は教育関係者が集まる地元の交流会に参加してきました。土曜日ということもあり人数は多くありませんでしたが、その分じっくりと話し合うことができ、実りある交流会となりました。 【スポンサードリンク】 交流会には、公立学校の先生や家庭支援の方、ミッション系の私立学校の先生など、ほんとうに様々な立場の教育関係者が集まりました。皆さんがそれぞれの立場でどのように考え、どのようなことに悩んでいるのかを直接伺うことができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。改めて、これからの自分に何ができるのかを考えていきたいと思います。 ちなみに、この日の一番驚いた出来事は、大学時代の親しい友人と偶然この交流会 …

Read More »

Society5.0は脱工業化社会(8)

(承前)少し間が空いてしまいましたが、Society5.0は脱工業化社会(7)の続きです。社会には工業化社会、修正された工業化社会、真の脱工業化社会の3つのステージが存在します。その3つのステージをめぐり、あらゆる業界で「工業化社会に留まろうとする派」と「脱工業化社会を進めようとする派」の綱引きが発生しています。この論考の後半では、教育業界における「綱引きのプレイヤー」を挙げ、彼らの思惑について考察していきましょう。 【スポンサードリンク】 教育業界のプレイヤー 今回はまず、教育業界におけるプレイヤーを整理したいと思います。上記の図をご覧ください。プレイヤーは「工業化社会の維持派」と「脱工業化 …

Read More »

【GLICC】マインクラフトとレゴで養う力

今日はGLICCの小学3・4年生クリエイティブコースの授業準備をしていました。GLICCのクリエイティブコースは、毎週金曜の夕方に開講している小3小4向けの講座です。授業準備といっても、講座はPBL(プロジェクト型学習)なので、いわゆる板書や課題プリントなどの準備は必要ありません。では何を準備しているのかと言うと、彼らがプロジェクトを進めやすくなるような学習環境を整えています。 【スポンサードリンク】 マインクラフトとレゴを使った学習 クリエイティブコースの理数パートでは、アウトプットの手段のひとつとして、マインクラフトやレゴを使用しています。上の写真は先週の講座の様子です。SDGsの17の目 …

Read More »

【新時代の学校】文化学園大学杉並中学・高等学校のダブルディプロマ(2)

前回の続きです。文化学園大学杉並中学・高等学校のダブルディプロマコースでは、日本とカナダの両方の高校卒業資格を得ることができるとお話しました。実はここにきて、大阪学芸高等学校、麹町学園女子、神田女学園、国本女子の学校もダブルディプロマコースを作り始めたのです。今、ダブルディプロマに注目が集まってきています。 【スポンサードリンク】 ダイバーシティは1日にして成らず ダブルディプロマ(以下、DD)コースを日本で最初に作った学校は、文化学園大学杉並中学・高等学校(以下、文杉)で、2015年度のことです。DDコースの2校目が誕生したのは、文杉の4年後(2019年度)で大阪学芸高等学校です。そして2 …

Read More »

【新時代の学校】文化学園大学杉並中学・高等学校のダブルディプロマ(1)

先日、文化学園大学杉並中学・高等学校に仕事で行ってきました。毎年この時期に授業視察とインタビューをさせていただいているのですが、年々驚くほど教育が進化しています。メディアでも頻繁に取り上げられている学校なのでご存知の方も多いと思いますが、今回は保護者目線で学校の特徴を紹介していきたいと思います。新時代の学校の取り組みとして、学校選びの参考になれば幸いです。 【スポンサードリンク】 ダブルディプロマ(DD)の中高一貫校 文化学園大学杉並中学・高等学校ホームページのスクリーンショット 文化学園大学杉並中学・高等学校(以下、文杉)を語る上で欠かせないのが「ダブルディプロマ(以下、DD)」です。DDと …

Read More »

【告知】第4回「新中学入試セミナー」開催(2/16)

21世紀型教育機構主催の教育イベント、第4回「新中学入試セミナー」が2月16日(日)に開催されます。中学受験を考えている保護者の方や21世紀型教育に興味のある先生方、お誘いいたします。イベント会場は和洋九段女子中学校高等学校です。 今回のテーマは、『「新タイプ入試」や「新しい学びの経験」を生み出すPBL型授業』です。21世紀型教育のイベントですので、「テーマであるPBL型授業」をワークショップで実際に体験することができます。普段からPBL型授業で学んでいる和洋九段女子の生徒さんがファシリテーターをしてくれます。おすすめのワークショップです。 また、今回のイベントでは、私も少しだけ登壇いたします …

Read More »

【本紹介】不自然な宇宙 宇宙はひとつだけなのか?

昨日は北区の中央公園文化センターで「親子で学ぶ星と宇宙〜冬の星座と宇宙の果て〜」を開催しました。私の院生時代の専門分野は「渦巻銀河における星間物質の進化」でしたので、今回の講座のテーマである「宇宙の果て(=宇宙論)」は専門外でした。もちろん宇宙論は院生時代にも勉強しましたが、講座で扱うからには最新情報も抑えておきたい。そこで宇宙論に関する書籍を何冊か読んだのですが、その中で一番面白かった本を今日は紹介したいと思います。 【スポンサードリンク】 書籍紹介 東京大学大学院の須藤靖教授による最新の宇宙論に関する本です。宇宙論と聞くと難解なイメージですが、この書籍は一般の方にも分かりやすいように丁寧に …

Read More »