Home » 科学の記事

科学の記事

【明日再放送】カネのない宇宙人 信州 閉鎖危機に揺れる天文台

一昨日と昨日の記事で紹介したTV番組「カネのない宇宙人 信州 閉鎖危機に揺れる天文台」ですが、明日(3/31)夕方のニュース番組の特集枠(約10分)で再放送されるそうです。同番組過去最大の反響があったそうで、元・野辺山観測所関係者として喜んでいます。多くの方にご覧いただけると嬉しいです。再放送の情報はこちら。(関東の再放送は「news.every」16:30 ~ 16:50予定) 【スポンサードリンク】 放送地区:関東・山形・静岡・広島・香川・愛媛・徳島・山口・熊本・長崎関東→「news.every」3/31 16:30 ~ 16:50予定長野→「ゆうがたGet!」3/31 17:20 〜 1 …

Read More »

科学の軍事研究にNOと言おう

昨日、私が大学院時代に過ごした国立天文台・野辺山電波観測所のドキュメンタリー番組を観ました。「カネのない宇宙人 信州 閉鎖危機に揺れる天文台」です。番組の最初は、同期の友人や顔見知りの研究者が出演しており楽しかったのですが、徐々に観測所の財政難の様子が明らかになり、観ていて胸が苦しくなりました。「利益になること」「役に立つこと」を重視する国の政策によって、観測所の予算が大幅に減らされたことが原因です。最盛期には学生を含め120人いた所員は31人にまで減ってしまい、光熱費削減のため観測所本館までもが閉鎖されてしまいました。そんな折に、「研究資金を確保するために国立天文台が軍事研究を検討する」とい …

Read More »

カネのない宇宙人 信州 閉鎖危機に揺れる天文台

年度末が期限だったお仕事を昨日仕上げることができ、今週末は久しぶりにゆっくりと過ごしています。不要不急の外出は控えるとのことなので、家の近所を1時間ぐらい散歩した後は、忙しくて放置していたテレビ番組を観ることにしました。その番組名は「カネのない宇宙人 信州 閉鎖危機に揺れる天文台」。私が大学院生時代の大半を過ごした場所、野辺山電波観測所のドキュメンタリーです。 【スポンサードリンク】 こちらが長野県にある国立天文台野辺山宇宙電波観測所です。その名前の通り、電波を使って宇宙を観測する天文台です。野辺山観測所の代名詞でもある45メートル電波望遠鏡は1981年、今から39年前に作られました。この45 …

Read More »

AIは準備が大変

私のメインのお仕事は教育コンサルタントで、普段は学校で教員研修を行ったり講演会でお話をしたりしています。でも実はこっそりエンジニアの仕事も行っています。もちろん本業の負担にならない程度に、ですが。昔のようにゼロからウェブサービスやアプリを開発する時間はとれませんが、ちょっとした相談や開発は引き受けてきました。そして先日、ちょっと面白い案件の相談がやってきました。 【スポンサードリンク】 守秘義務があるので詳しくは言えませんが、相談内容は「ある経営数字を事前に予測したい」といったものでした。最初は、「過去の経営データから統計モデルを構築して予測精度を高めていく」という方針で考えていました。 とこ …

Read More »

AIスピーカーで未来を想像

先日のお休みの日、姉夫婦が甥っ子2人を連れて我が家に遊びに来たときの話です。子供が遊べるオモチャが家には無かったので、団欒中に2人がヒマをもてあそばないか心配してました。ところが、小学生と未就学児の2人は、思わぬものに夢中になって遊んでいました。それはAIスピーカー(Amazonのアレクサ)です。「アレクサ、今何時か教えて」「アレクサ、テレビつけて」「アレクサ、暖房つけて」などなど。AIスピーカーのアレクサに話しかけるお手本を見せてあげると、甥っ子2人は興奮しながらアレクサを連呼して質問責めにしていました。 【スポンサードリンク】 最初はアレクサが答えられる会話ができなかった2人ですが、徐々に …

Read More »

【本紹介】宇宙飛行士に聞いてみた! 世界一リアルな宇宙の暮らしQ&A

政府からの学校休校の要請を受けて、子供の自宅待機をサポートしようと様々なサービスが期間限定で無償提供されています。私の大好きな漫画「宇宙兄弟」も期間限定で1〜50話が無料公開されていました。お勧めです。そこで今回は、宇宙兄弟を読んで宇宙飛行士に興味を持った子供(中学生・高校生)にお勧めの書籍「宇宙飛行士に聞いてみた! 世界一リアルな宇宙の暮らしQ&A」を紹介したいと思います。 【スポンサードリンク】 書籍紹介 イギリスの宇宙飛行士ティム・ピークの宇宙に関する本です。2018年12月に出版された比較的新しい宇宙本ですね。2017年にピーク氏はISSで撮影した写真が満載の「Hello. i …

Read More »

日本も捨てたものじゃない 〜 東京都の新型コロナウイルス感染症対策サイト

新型コロナウイルスの対策として、世界各国のICTを活用した対策が話題になっています。例えば台湾では、38歳の若きデジタル担当政務委員(大臣に相当)が「薬局のマスク在庫情報」を一般公開しました。これにより台湾では、「マスクが買える一番近い薬局」を教えてくれるアプリが開発され、大きな話題になりました。それに比べて日本はというと、行政のICT活用はイマイチだなぁと思っていました。しかし、東京都の新型コロナウイルス感染症対策サイトの取り組みを知ってからは、少し感想が変わりました。「日本もまだまだ捨てたもんじゃないな」と。東京都の対策サイトの良いところを、一般の方向けにエンジニア目線で解説したいと思いま …

Read More »

AI時代のルンバの価値

ルンバ。iRobot社が開発した国民的お掃除ロボットです。「国民的」は言い過ぎかもしれませんが、お掃除ロボットの中では間違いなく知名度No. 1でしょう。我が家でも毎日大活躍をしているこのルンバですが、先週の木曜日にNHKの番組(おはBiz)で特集されていました。この番組を観ながら、ルンバは他のAI家電よりも一歩抜きんでているなぁと感じました。AI時代におけるルンバの価値は高まると思います。 【スポンサードリンク】 放映の様子。番組の内容は公式サイトから視聴できます。 最近の家電はAI搭載が流行りのようですが、このルンバにもAIが搭載され始めています。番組によると、ルンバが掃除を繰り返すうちに …

Read More »

【本紹介】「人工光合成」とは何か

SDGsをテーマにしたPBL型授業をしていると、教師もSDGs関連のテクノロジーに興味が出てくると思います。今日はSDGsの7番目の目標、クリーンエネルギーのテクノロジーとして期待されている「人工光合成」の本を紹介したいと思います。 【スポンサードリンク】 書籍紹介 著者は個人ではなく、光化学協会(光化学の専門家による協会)が編者扱いとなっており、協会としての知見がまとめられた書籍となっています。全部で9章立ての本で、大まかには次のような構成になっています。 人工光合成の基礎知識(1〜2章)人工光合成の研究の歴史(3章)研究アプローチの詳細解説(4〜7章)人工光合成の今後の展望(8章、9章) …

Read More »

マインクラフトでプログラミングをする方法(Minecraft × scratch)

先日、GLICCの小学3・4年生クリエイティブコースの準備として、マインクラフトを使ったプログラミング学習環境を作りました。プログラミング言語はscratchです。マインクラフトを好きな小学生は多いですので、ご家庭でプログラミング環境を作る際に参考になるだろう情報をまとめてみました。良かったら参考にしてみてください。(具体的な設定手順は、分かりやすい記事がたくさん見つかったのでリンク集として紹介しています。) 【スポンサードリンク】 プログラミングできるデバイス・OS マインクラフトは様々なデバイスで遊ぶことができます。iPhone・iPadアプリ、Androidアプリ、Windows、Mac …

Read More »