Home » 学生向けの記事

学生向けの記事

隣の本棚の勧め

新年度が近いので、昨日に続いて学生・新社会人向けの記事になります。勉強のための書籍を買うとき、今はAmazonを利用することがほとんどですが、昔は頻繁に大型書店に足を運んでいました。大型書店がAmazonより優れている点は、なんといっても実際に本を立ち読みして判断できることですよね。でも個人的にはもうひとつ、大きなメリットがあると思っています。それは、隣の本棚です。 【スポンサードリンク】 私が書店で本を買うとき、目的の書籍が見つかったあと、その両隣の本棚をチェックすることを習慣にしています。実はこの習慣、私がまだ大学生の頃に、尊敬していた社会人のメンターの方にお勧めされた方法なんです。 なぜ …

Read More »

仕事の選び方

年初の頃のお話です。友人が主催していた勉強会・セミナーに参加したのですが、そこである大学生の青年と知り合いました。その青年は教育をテーマにアクティブに活動しており、私も彼に好感を持ちました。セミナー終了後に参加者数名で軽い食事をしたあと、帰り道で彼と2人になりました。彼曰く、色々な活動がとても楽しくてしかたない。あれもやりたいし、これもやりたい。やりたいことが多すぎて時間が足りず、全部はできないんです。やる仕事はどうやって選んだら良いですか、と相談されました。 【スポンサードリンク】 仕事の選び方は難しいですし、全員に当てはまるような100点満点の正解は勿論ありません。ただ、それでは立つ瀬がな …

Read More »

【本紹介】10年後の仕事図鑑

プログラミング教育と脱工業化社会の論考では第4次産業革命について触れてきました。子供たちが大人になる第4次産業革命後の社会では、AIやロボットなどの実用化によって仕事が大きく変わるだろうと言われています。ニューヨーク市立大学教のキャシー・デビッドソン氏の予測、「2011年度にアメリカの小学校に入学した子供たちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」 は有名ですね。今日紹介する本「10年後の仕事図鑑」は、「第4次産業革命後の仕事」をイメージする際に参考になる一冊です。未来社会の仕事について知りたい人にお勧めです。 【スポンサードリンク】 書籍紹介 2018年4月に出版された堀 …

Read More »

【本紹介】FACTFULNESS(ファクトフルネス)

SDGsのPBLで使える参考図書の紹介です。2019年にベストセラーになった本なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。FACTFULNESS(ファクトフルネス)、サブタイトルは「10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」です。 タイトルになっているFACTFULNESS(ファクトフルネス)は著者の造語で、「正しく事実に基づいて世界を見ること」という意味が込められています。正直に言うと、大学院で理数教育を受けていた身としては「そんなの当たり前じゃん」と思って敬遠していた本でした。でも違っていました。この本の価値は、まったく別のところにあったのです。 【スポンサードリンク】 …

Read More »

㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画

東京都の六本木で開催中の「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」に行ってきました。この展覧会では、日本デザインコミッティーに所属するデザイナーさんたちがデザイン過程で生み出したスケッチや図面、模型などを観ることができます。サブタイトルにある通り、”めったに見られない”作品の数々で、とても刺激的でした。クリエイターを目指している学生はもちろんのこと、STEAM教育のA(アート・デザイン)に携わっている教員の方にもお勧めの展示会です。(開催期間は3月8日まで。) 【スポンサードリンク】 展示会の概要 会期: 2019年11月22日(金)- 2020年3月8日(日) 会場: 21_21 DES …

Read More »

マインクラフトでプログラミングをする方法(Minecraft × scratch)

先日、GLICCの小学3・4年生クリエイティブコースの準備として、マインクラフトを使ったプログラミング学習環境を作りました。プログラミング言語はscratchです。マインクラフトを好きな小学生は多いですので、ご家庭でプログラミング環境を作る際に参考になるだろう情報をまとめてみました。良かったら参考にしてみてください。(具体的な設定手順は、分かりやすい記事がたくさん見つかったのでリンク集として紹介しています。) 【スポンサードリンク】 プログラミングできるデバイス・OS マインクラフトは様々なデバイスで遊ぶことができます。iPhone・iPadアプリ、Androidアプリ、Windows、Mac …

Read More »

【本紹介】不自然な宇宙 宇宙はひとつだけなのか?

昨日は北区の中央公園文化センターで「親子で学ぶ星と宇宙〜冬の星座と宇宙の果て〜」を開催しました。私の院生時代の専門分野は「渦巻銀河における星間物質の進化」でしたので、今回の講座のテーマである「宇宙の果て(=宇宙論)」は専門外でした。もちろん宇宙論は院生時代にも勉強しましたが、講座で扱うからには最新情報も抑えておきたい。そこで宇宙論に関する書籍を何冊か読んだのですが、その中で一番面白かった本を今日は紹介したいと思います。 【スポンサードリンク】 書籍紹介 東京大学大学院の須藤靖教授による最新の宇宙論に関する本です。宇宙論と聞くと難解なイメージですが、この書籍は一般の方にも分かりやすいように丁寧に …

Read More »

マーク・ザッカーバーグ氏が語る次の10年(全文Google翻訳)

Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏が昨日、自身のFacebookで「次の10年」に関する見解を発表しました。英語の全文はこちらから読めます。ザッカーバーグ氏が描いている未来社会は、私の考え(脱工業化社会)と必ずしも一致しているわけではありませんが、テクノロジーが社会に与えるインパクトを考える上では大変参考になります。英語が苦手な人も読みやすいように、Google翻訳で日本語に直した全文を引用します。特に拡張現実・仮想現実のテクノロジーのくだりは興味深いので、ぜひご覧ください。 【スポンサードリンク】 過去10年の新しい年ごとに、私は個人的な挑戦をしました。私の目標は、Facebookを …

Read More »

【開催レポート】第1回サイエンスカフェしんじゅく「宇宙から見た地球 〜青い惑星の見つけ方〜」

5月30日(土)に開催された「第1回サイエンスカフェしんじゅく」にゲスト講師として登壇しましたので、開催レポートをお届けします。 「サイエンスカフェしんじゅく」とは、エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習センター)さん主催の、科学者や研究者とともに楽しみながらサイエンスを味わえる参加・体験型ワークショップです。 【環境月間フェア】サイエンスカフェしんじゅく「宇宙から見た地球 ~青い惑星の見つけ方~」(実施:5/30 応募締切:5/29) (主催イベント) 今回のテーマは「宇宙から見た地球 〜青い惑星の見つけ方〜」。参加者は6歳から60代までと、幅広い世代の25名の方々にご参加いただきました。

Read More »

【ボランティア募集】親子イベント☆夏の宇宙教室(7/27)のスタッフを募集します

宇宙教室のボランティアスタッフ募集

2014年7月27日(日)に「親子で楽しむ高田馬場☆夏の宇宙教室」を開催します。 7月27日 親子で楽しむ高田馬場☆夏の宇宙教室(東京都) そこで、当日(7/27)に宇宙教室を一緒に手伝ってくれるボランティアスタッフを10名ほど募集したいと思います。子供が好きだったり、宇宙に興味のある人がいましたら、ぜひ続きを読んでくださいね。

Read More »