Home » 教育者向けの記事 » ICTの記事

ICTの記事

都内私立学校は新高一のICT端末購入時の領収書を回収しよう

東京都の私立学校を対象にした補助金情報です。東京都では新高校一年のICT端末を対象に、1人あたり最高6万円まで補助がでることが公表されました。注目すべきは、学校購入だけでなく家庭購入(BYOD/BYAD)でも補助がおりる点です。補助金の申請期日は9月末までですので、私立学校は今のうちから「ICT端末購入の証拠書類(領収書)」を保護者から回 …

Read More »

オンライン授業にも使える無料のビデオ会議システムJitsi Meet

今日は新しいビデオ会議システムの紹介です。Zoomの「教育機関の時間制限解除」が今月いっぱいで撤廃されたり、Google Meetの録画機能が無料で使えなくなったりと、オンライン授業が少しやりづらくなっています。そこでおすすめなのが、無料で使えて時間制限もなく録画も可能なビデオ会議システム「Jitsi Meet」です。Zoomに替わるオー …

Read More »

注意!Zoomの「教育機関の時間制限解除」は今月まで

2020年3月上旬の世界的なパンデミックの発生をうけて、Zoom社は学校などの教育機関を対象に、グループでのZoom Meetings(3 人以上の参加者)の通常40分の時間制限を一時的に解除して運用を行なっていました。教育機関としてZoom社に申請していた学校は今までこの恩恵を受けられたのですが、2022年6月30日を期限に「40分の時 …

Read More »

Google Workspaceのストレージ容量を管理する方法

無料版のGoogle Workspace for Educationを利用している学校では、以前は無制限だったストレージ容量が、2022年7月より1校あたり100TBという制限が設けられるようになります。アカウント発行数が1万人を超えているような大規模校や、複数校を1つのアカウントで管理している教育委員会は、特に注意が必要です。そこで今日 …

Read More »

来月からのGoogle Workspaceのストレージ制限に備えよう

Google Workspace for Educationを利用している学校は要注意です。2022年7月より、これまで無制限だったストレージ容量が、1校あたり100TBという制限が設けられるようになります。一般的な使い方をしている普通規模の学校であれば特に問題はありませんが、動画や写真をGoogle Cloudに保存して運用している場合 …

Read More »

東京都による私立高等学校新入生端末整備費助成事業

東京都の私立学校を対象にした補助金情報です。東京都私学財団より新高校一年を対象にした助成事業が公表されました。私立高等学校新入生端末整備費助成事業です。生徒1人1台ICT端末導入のための助成事業で、学校購入だけでなく家庭購入(BYOD/BYAD)でも補助がおります。東京都の私立高校の先生方はぜひチェックをして、保護者の方には「ICT端末購 …

Read More »

Google WorkspaceのアカウントでApple School Managerに登録する方法

Appleからの嬉しいニュースです。Apple School Managerのアカウントを作成する際に、Google Workspaceのアカウントを読み込むことができるようになりました。これにより「生徒のGoogle Workspaceのメールアドレス」をManaged Apple IDとして扱うことが可能になります。以前のようにMan …

Read More »

iPadノートアプリ GoodNotes 5が無料に!

iPadを使用している教育関係者に朗報です。iPadノートアプリ GoodNotes 5が4月5日より無料でダウンロードできるようになりました!GoodNotes 5とはPDFや写真の赤入れが簡単にできるノートアプリで、iPadなどのタブレット端末と非常に相性の良いアプリになります。従来は980円と有料でしたが、今回の無料化によって最初の …

Read More »

バーチャル空間で授業やグループ学習ができる「oVice(オヴィス)」

今日紹介するのは、いわゆるメタバースのひとつである「oVice(オヴィス)」というサービスです。「oVice(オヴィス)」は、アバターを使って2次元のバーチャル空間上で交流することができるオンラインツールです。企業のテレワーク時のオンラインツールとしてだけでなく、学校現場のオンライン授業としても活用され始めている注目のサービスです。私たち …

Read More »