Home » 保護者向けの記事 (page 3)

保護者向けの記事

【開催レポート】第4回新中学入試セミナー(4)和洋九段女子のPBLから生まれたSDGsスゴロクワークショップ

2月16日(日)に開催された第4回新中学入試セミナーの開催レポート(4)です。中込真校長による基調講演の次は、和洋九段女子中学校高等学校の生徒たちによる「PBLで生まれたSDGsスゴロクワークショップ」です。このSDGsスゴロクは、和洋九段女子の生徒たちがPBL型授業で企画・開発したプログラムになります。今回のワークショップでは、和洋九段女子の中学3年生6人がファシリテーターを務めてくれました。また、セミナー参加者が十分にスゴロクを体験できるよう、ワークショップは2部屋に分かれて実施されました。 【スポンサードリンク】 この部屋を世界だと思ってください 最初に、ファシリテーターの生徒たちからワ …

Read More »

【開催レポート】第4回新中学入試セミナー(3)和洋九段女子のPBL型授業が引き起こす生徒と教師の自己変容

2月16日(日)に開催された第4回新中学入試セミナーの開催レポート(3)です。首都圏模試センター取締役・教育研究所長である北一成氏の基調講演の次は、和洋九段女子中学校高等学校の中込真校長による基調講演です。講演タイトルは「未来を拓くグローバル教育×PBL」です。和洋九段女子はPBL型授業を学校全体に導入して4年が経ちます。その改革推移と成果について、今回はお話くださいました。 【スポンサードリンク】 和洋九段女子のPBL型授業 最初に中込校長は、和洋九段女子のPBL型授業の3つの特徴について説明しました。1つ目の特徴は、PBL型授業は全科目・全教員で実施していること。2つ目の特徴は、基本的にど …

Read More »

【開催レポート】第4回新中学入試セミナー(2)入試動向から見える保護者の意識変化

(承前)2月16日(日)に開催された第4回新中学入試セミナーの開催レポート(2)です。首都圏模試センター取締役・教育研究所長である北一成氏の基調講演の続きです。北先生は私立・国立中受験者数が6年続きで増加したことの背景には『私立中高一貫校の「学び方」の変化』があると指摘し、そのことが「学校の顔」である入試問題の多様化に表れていると語りました。 【スポンサードリンク】 保護者の反応 聖学院の「ものづくり思考力入試」、和洋九段女子のPBL型入試、工学院の思考力テスト(図書館入試)、聖セシリア女子のグループワーク型読解・表現入試など、中学入試は多様化しています。この中学入試の多様化に対して、保護者は …

Read More »

【開催レポート】第4回新中学入試セミナー(1)入試動向から見える保護者の意識変化

2月16日(日)、和洋九段女子中学校高等学校で開催された第4回新中学入試セミナーの開催レポートをお届けします。トップバッターは首都圏模試センター取締役・教育研究所長である北一成氏の基調講演からです。講演タイトルは「2020年度中学入試の総括から考える2021年度中学入試の動向」です。北先生は過去33年間におよぶ歴史的な入試動向を振り返った上で、今年の中学入試の動向について解説し、その背景にある保護者の意識変化について言及されました。 【スポンサードリンク】 歴史的な入試動向から考察 これからの未来を予測するために、歴史を振り返ることは有用です。北先生はまず導入として中学入試の取材光景を紹介しな …

Read More »

第4回新中学入試セミナー

本日2月16日(日)、和洋九段女子中学校高等学校にて「第4回新中学入試セミナー」が開催されました。詳しいレポートは明日以降になりますが、参加者にとってもスタッフにとっても、大変充実したイベントになったのではないでしょうか。21世紀型教育のイベントは他にも沢山ありますが、Z世代の生徒と等身大で交流できるセミナーは希少だと思います。 【スポンサードリンク】 こちらの写真は、和洋九段女子の6人の生徒さんたちです。学年は全員、中学三年生です。SDGsワークショップのファシリテーターとして、今日のセミナーに参加してくれました。 生徒たちは早朝からワークショップの準備をしており、私が見たときは入念にワーク …

Read More »

「死の受容5段階」で教育業界を見る

精神科医のエリザベス・キューブラ・ロス博士は、たくさんの末期患者の看病を通して「死を宣告されてから受容に至るまでのプロセス」に気づきました。そのモデルが「死の受容5段階」です。その5段階は、【無視】→【怒り】→【取引】→【抑うつ】→【受容】となっています。(ただし、すべての患者が同様の経過をたどるわけではないそうです。詳しくはロス博士の「死ぬ瞬間」をお読みください。) この「死の受容5段階」は、実は「死」以外にも応用が利く考え方です。「抗うことが許されず受け入れがたいもの」を受容しなくてはならないとき、その際の人の心理・行動を考察することができます。教育業界の事例を使って見ていきましょう。 【 …

Read More »

SDGsに取り組む和洋九段女子の生徒たち

今週2月16日(日)には、第4回「新中学入試セミナー」が和洋九段女子中学校高等学校で開催されます。今回のセミナーのテーマは『「新タイプ入試」や「新しい学びの経験」を生み出すPBL型授業』です。 このセミナーでは、SDGsに取り組んでいる和洋九段女子の生徒たちと交流することができます。彼女たちが実践的なプロジェクトとして企画・開発した「SDGsスゴロク」をワークショップで体験できます。Z世代の生徒たちの教育活動を体感できる、またとない機会です。お誘いいたします。 【スポンサードリンク】 SDGsに取り組む生徒たち オリンピックが近づいたこともあり、最近はSDGsに取り組む企業が増えてきましたが、 …

Read More »

【目次】Society5.0は脱工業化社会

脱工業化社会のポテンシャル図

論考「Society5.0は脱工業化社会」の目次(ランディングページ)です。(1)〜(11)へのリンク集と関連記事「学習指導要領による制限と教員の裁量」、参考文献を掲載してあります。 【スポンサードリンク】 目次 Society5.0は脱工業化社会(1)Society5.0と産業革命Society5.0のイメージSociety5.0は脱工業化社会(2)工業化社会の考え方脱工業化社会の考え方工業化社会から脱工業化社会へSociety5.0は脱工業化社会(3)日本の高度成長の功罪学校制度は工業化社会の考え方がベースSociety5.0は脱工業化社会(4)脱工業化社会は個別最適化された社会コラボレー …

Read More »

Society5.0は脱工業化社会(11)

(承前)「Society5.0は脱工業化社会」の最終回です。社会には工業化社会、修正工業化社会、真の脱工業化社会の3つのステージが存在します。そして脱工業化社会の推進派は、「『修正工業化社会』を目指す勢力」と「『真の脱工業化社会』を目指す勢力」に分かれます。教育業界が脱工業化社会を迎えるためには、推進派の中でも「真の脱工業化社会」を目指す勢力が増えていくこと重要になります。この勢力は、どうしたら増えるのでしょうか?その鍵を握っているのが、Z世代の生徒たちです。 【スポンサードリンク】 Z世代が大人を動かす 工学院のZ世代の生徒たち。写真は同校のホームページより引用。 前回紹介したように、Z世代 …

Read More »

Society5.0は脱工業化社会(10)

(承前)社会には工業化社会、修正工業化社会、真の脱工業化社会の3つのステージが存在します。工業化社会の維持派は「今の社会における既得権益者の勢力」と「変化を嫌う勢力」に、脱工業化社会の推進派は「『修正工業化社会』を目指す勢力」と「『真の脱工業化社会』を目指す勢力」に分かれます。前回は教育業界の主要なプレイヤーを勢力ごとに整理して見てきましたが、実はまだ紹介していない重要なプレイヤーがいます。それは、Z世代の生徒たちです。 【スポンサードリンク】 世界で活躍するZ世代 Z世代とは元々マーケティング用語で、1990年代半ばから2000年代の初めに生まれた世代を指します。X世代(1960年代〜197 …

Read More »