Home » 教育者向けの記事 (page 7)

教育者向けの記事

【開催レポート】第1回サイエンスカフェしんじゅく「宇宙から見た地球 〜青い惑星の見つけ方〜」

5月30日(土)に開催された「第1回サイエンスカフェしんじゅく」にゲスト講師として登壇しましたので、開催レポートをお届けします。 「サイエンスカフェしんじゅく」とは、エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習センター)さん主催の、科学者や研究者とともに楽しみながらサイエンスを味わえる参加・体験型ワークショップです。 【環境月間フェア】サイエンスカフェしんじゅく「宇宙から見た地球 ~青い惑星の見つけ方~」(実施:5/30 応募締切:5/29) (主催イベント) 今回のテーマは「宇宙から見た地球 〜青い惑星の見つけ方〜」。参加者は6歳から60代までと、幅広い世代の25名の方々にご参加いただきました。

Read More »

富士見丘中学校のアクティブラーニング

文部科学省が初等・中等教育でのアクティブラーニング推奨を打ち出して以来、学校の教育現場においてもアクティブラーニング導入の取り組みが活発になってきました。 先日、富士見丘中学校のアクティブラーニングの授業を取材してきましたので、その取り組みを紹介したいと思います。 富士見丘学園

Read More »

アクティブラーニングを実践したい人が最初に読む本

去年の11月、文部科学省から学習指導要領の改訂にむけて諮問文が出されたことはご存知でしょうか。 この諮問文の内容を要約すると、「変化の激しい未来社会に備えて、新しい教育への質的変換を行なっていきます」となります。そして、その方法として推奨されているものがアクティブラーニングなのです。 そこで今回は、アクティブラーニングについて学びたい人・授業で実践したい人にお勧めの書籍を紹介したいと思います。

Read More »

子供のプログラミング入門におすすめ!Scratch(スクラッチ)とプログラミング体験教室

子供向けプログラミング体験教室の様子

ちょうど一年ほど前、アベノミクスの成長戦略にプログラミング教育が含まれていたことはご存知でしたか?最近では、プログラミング学習の義務教育化についてよく議論されていますね。近い将来、中学校でのプログラミング授業が必修になる日が来るかもしれません。 でも、いざ子供にプログラミングを勉強させようとしても、一体どうすれば良いか分かりませんよね。そこで今回は、子供のプログラミング入門にお勧めのScratch(スクラッチ)とプログラミング体験教室についてお話ししたいと思います。

Read More »

とっても簡単!宇宙遊泳・プラネタリウムソフトMitaka(ミタカ)のインストール方法

みなさんは「Mitaka(ミタカ)」というフリーソフトをご存知でしょうか? Mitakaとは、国立天文台が開発しているWindows用のソフトウェアです。自宅のパソコンにインストールすれば、宇宙遊泳を疑似体験できたり、プラネタリウムで星を観たりすることができます。しかも、赤青メガネをもっていれば、3D(スリーディー)映像で宇宙を楽しむこともできちゃいます。 こんな高機能なソフトウェアなのに、なんと誰でも無料で使うことができるのです。インストールはもちろん、ソフトの操作も子供でも出来るぐらい簡単です。最新の研究結果に基づいた天体データが使われているので、宇宙・天文の勉強にもバッチリ。 それでは早 …

Read More »

マインドマップを身につけたい人は講座を受けた方が良いと思う5つの理由

仕事でマインドマップを活用していると、よく次のような相談を受けます。 マインドマップを勉強したいけど、何から始めれば良いか分からない。 マインドマップの本を読んだけど、ポイントが分からなくて挫折した(使わなくなった)。 マインドマップって具体的に何に使えるのか分からない(自分の仕事には使えるの?) こんな時、私は「マインドマップの講座を受けてみたら?」とアドバイスをすることにしています。 マインドマップ講座の受講料は、決して安くはありません。2時間の講座で1万円、丸一日の講座だと約5万円もします。それでも私は、トータルでみたら「講座を受けた方がお得」だと考えています。 以前に私は、会社の部下に …

Read More »