Home » 学生向けの記事 » 【Zoom】通話中にパソコン⇆スマホを切り替えられる新機能

【Zoom】通話中にパソコン⇆スマホを切り替えられる新機能

Zoomの新機能の紹介です。オンライン授業やオンライン会議中に、シームレスにデバイスを切り替えられる新機能がリリースされました。「パソコンでZoomをしていたけど、場所を移動したいからスマホやタブレットに変更しよう」みたいなことがボタン1つで出来るようになりました。オンライン授業の現場では、むしろ生徒の方が使うかもしれませんね。興味のある人はチェックしてみてください。


【スポンサードリンク】

Zoomアプリのホーム画面から切り替え可能

デバイスの切り替え機能はとっても簡単です。切り替えたいデバイスにZoomアプリをインストールして、共通のアカウントでサインインするだけです。

あとは普段のようにZoomで通話を開始すると、Zoomアプリのホーム画面に「進行中」のミーティングが表示されるようになります。例えばスマホで通話をしているときにパソコンでZoomアプリを立ち上げると、次のような画面が表示されます。

進行中のミーティングの横に表示されている「切り替え」ボタンをクリックすると、パソコン側からZoomに参加することができるのです。ちなみに、スマホ側の通話は切り替え成功後に自動的に切断されます。

もちろんスマホ→パソコンだけでなく、パソコン→スマホの切り替えも可能です。スマホでの切り替えボタンは次のように表示されます。

スクショは撮影しませんでしたが、タブレットでも同じように切り替えることができます。パソコン、スマホ、タブレットでシームレスに通話を切り替えることができるというわけです。「スマホで通話していたら電池がなくなった」といったときに便利かもしれませんね。