Home » 科学の記事 » 宇宙・天文の記事 » ABLab(エービーラボ)の宇宙医療プロジェクトに参加しました

ABLab(エービーラボ)の宇宙医療プロジェクトに参加しました

先月から参加している宇宙ビジネスのオンラインサロンABLab(エービーラボ)にて、宇宙医療プロジェクトにメンバーとして新しく参加することになりました。オンラインサロンの活動は外部からだと分かりづらいので、今日は宇宙医療プロジェクトの活動について簡単に紹介したいと思います。


【スポンサードリンク】

ABLab(エイビーラボ)

ABLab(エイビーラボ)は宇宙ビジネスのオンラインサロン(コミュニティ)で、Aerospace Business Laboratory(航空宇宙ビジネス研究室)という意味です。2020年6月から私も参加しています。

宇宙医療プロジェクト

ABLabには数多くのプロジェクトがありますが、その中の1つ「宇宙医療プロジェクト」に今月から参加しました。宇宙医療プロジェクトは、医療・ヘルスケアなどのライフサイエンス分野で宇宙ビジネスアイデアを創出するプロジェクトです。

「宇宙×医療 なんて素人に手が出せるビジネスじゃない」と思われるかもしれません。でも安心してください。宇宙医療プロジェクトでは、プロのお医者さんがメンバーとして参加しているのです。プロジェクトリーダーの後藤さんは現役の外科医ですし、他にも医学生のメンバーもいます。後藤さんが書かれている「宇宙×医療」のブログでは専門的な内容を分かりやすく説明されており、とても面白かったです。お勧めです。

第6回オンラインミーティング

そんな宇宙医療プロジェクトの第6回オンラインミーティングが、昨晩Zoomで開催されました。(私は初参加でした!)

今回のオンラインミーティングは三部構成で、第一部では医療テックベンチャーの社員をゲストにお招きして、AIを活用した医療ビジネスについてプレゼンしていただきました。AIの強みや現場の課題などを詳しく聞くことができ、大変勉強になりました。

第二部では、ABLabメンバーの医学生による医学論文のレビューが行われました。紹介された論文はこちらです。

Revisiting the Role of Exercise Countermeasure on the Regulation of Energy Balance During Space Flight

いやぁ〜、これは面白い論文でしたね。「宇宙空間における宇宙飛行士のエネルギーバランスと運動対策」をテーマにした論文だったですが、想像していたよりも多くの要因が絡み合っていてとても興味深かったです。特に「宇宙での運動は体重減少の効果が大きい」という話になった時は、チャットで「宇宙ダイエットいけるね!」と大盛り上がりでした。楽しかったです。

最後の第三部では、JAXAのTHINK SPACE LIFE、宇宙生活での課題を解決するビジネスプラットフォームに提案するアイディアのブレストを行いました。

事前にSlackで出し合っていた5つアイディアに対して、あーでもない、こうでもないと全員でいろいろな意見を話し合いました。プロジェクトメンバーのバックグラウンドが多種多様なため、ブレストで出てくる意見が本当に個性的で面白かったです。JAXAに提案できるレベルに仕上げるためには、まだまだミーティングが必要ですが、メンバー同士で「宇宙」を楽しみながらプロジェクトを進めていきたいと思います。宇宙ってやっぱり楽しいですね。

追伸:ABLabでは「宇宙×教育」のプロジェクトも稼働しています!8月に小学生向けのイベントを企画していますので、宇宙好きのお子さんがいる方は楽しみにしていてくださいね。