Home » 教育者向けの記事 » オンライン授業のコツ(10)ゲストを呼ぼう

オンライン授業のコツ(10)ゲストを呼ぼう

「オンライン授業のコツ」と称して、ちょっとしたノウハウやコツを紹介していくシリーズです。10回目の今日は、ゲスト招待についてです。コロナの影響で臨時休校してしる際など、生徒たちに精神的なストレスがかかっている状況が多々あります。そんな時、オンライン授業で見知った先生の顔を見れると、生徒たちに安心と気分転換の機会を与えてあげることができます。生徒たちにストレスを感じた時などは、ゲスト招待をぜひ検討してみてください。


【スポンサードリンク】

同僚の先生から専門家まで

オンライン授業のゲストに手軽にご招待できるのは、やはり同僚の先生でしょう。臨時休校が長く続いているような場合は、普段オンライン授業をしていない先生をゲストとしてお招きするとクラスは盛り上がります。

あとは校長先生や教頭先生など、普段生徒が直接話す機会が少ない先生をゲストとしてお呼びすることも効果的です。

また、臨機休校時以外のオンライン授業では、学校外の専門家や社会人、OBOGをゲストとして呼ぶこともお勧めです。授業の時ではありませんが、留学しているOBOGをオンラインで繋いで進学相談会をする事例もあります。

文部科学省もオンライン授業の活用法として、学校外部の有識者、専門家などと教室を繋いで授業をすること推奨しています。ぜひ参考にしてみてください。