Home » 教育者向けの記事 » 学校向け G Suite 導入のよくある質問(1)ユーザーアカウントが削除できない, YouTubeが使用できない

学校向け G Suite 導入のよくある質問(1)ユーザーアカウントが削除できない, YouTubeが使用できない

学校向けG Suite 導入ノウハウのQ&Aコーナーです。前回までの記事で、G Suite を導入する手順を一通り説明しました。そこで今回から、G Suite導入後によく聞かれる質問と、その答え(対処法)について説明したいと思います。今日はG Suite導入後に一番多かった質問「ユーザーアカウントが削除できない」と「YouTubeが使用できない」についてお答えします。


【スポンサードリンク】

Q. ユーザーアカウントが削除できない

ユーザーアカウントを削除するには、まず削除したいアカウントの詳細ページに移動します。G Suiteの管理画面上部にある検索ボックスからアカウント名を検索して、詳細ページに移動してください。

アカウント詳細ページに移動したら、サイドバーの「その他」をクリックして、その中にある「ユーザーを削除」を選択します。

すると次のようなウィンドウが表示されます。デフォルトでは「ドライブとドキュメント」「カレンダー」「ブランド アカウント」の3つにチェックが入った状態です。

説明文をちゃんと読むと分かるのですが、実はこの状態では削除することができません。なぜなら「ユーザーのデーターオーナー権限を誰に譲渡するか」を指定していないからです。ここが落とし穴になっています。

多くの場合、ユーザーのドライブやドキュメントも一緒に削除して問題ないケースが多いですので、「ドライブとドキュメント」「カレンダー」「ブランド アカウント」のチェックを外しましょう。すると右下にある「削除」ボタンが押せるようになりますので、ここをクリックすればアカウントの削除完了です。

もしユーザーの「ドライブとドキュメント」「カレンダー」「ブランド アカウント」を削除せずにアカウントだけ削除したい場合は、ウィンドウの一番下にある「譲渡先」に適当なユーザー名を入力してから「削除」ボタンを押せばOKです。

Q. YouTubeが使用できない

ご存知の通り、YouTubeはGoogleのGmailアカウントでサインインをすることで、様々な機能(チャンネル登録や保存など)を使うことができます。しかし、G Suite for educationで作成されたGmailアカウントでサインインをしようとすると失敗します。

これは、G Suite for educationの利用規約の問題があるからです。G Suiteにはたくさんのアプリ(GmailやGoogleクラスルーム、YouTubeなど)がありますが、大きく分けると2つに区分することができます。

G Suiteの管理画面から「アプリ」のページに移動してみましょう。

アプリのページに移動すると、中には「G Suite コアサービス(左側)」と「その他のGoogleサービス(右側)」の2つを見つけることができます。

そして、ページの下には次のような注意書きがあります。

G Suite コアサービスには G Suite 契約が適用されます。その他の Google サービスには G Suite 契約は適用されず、その他の利用規約が適用されます。詳細

この意味を簡単に説明すると、「G Suite コアサービスは保護者の同意が不要」なのに対して「その他のGoogleサービスには保護者の同意が必要」となります。つまり、「G Suite コアサービス」であるGmailやGoogleクラスルーム、Google meetなどのアプリは、学校がG Suiteを導入したら問題なく使用できます。しかし、YouTubeやGoogle Earth、Google Playなどの「その他のGoogleサービス」は、保護者の同意を得てからではないと使用できない利用規約になっているのです。

保護者の同意についての詳細は、Googleの公式ページ「G Suite for Education について保護者と情報を共有する」をご覧ください。

以上が「G Suite for educationのアカウントでYouTubeが利用できない」理由です。学校が保護者の同意を得る必要があるため、初期状態ではYouTubeを利用できないようにロックされているのです。

もちろん、YouTubeの利用について保護者の同意が取れれば、G Suiteの管理画面からYouTubeを利用できるようにロックを解除することも可能です。

補足:ただし、上記は13歳(中学生)以上の場合です。YouTube は 13 歳未満のお子様向けには提供されていません。13 歳未満のお子様が YouTube の動画を視聴する場合は YouTube Kids を使用する必要があります。(Google公式ページ)しかし、G SuiteにはYouTube Kidsは提供されていないため、G Suite for educationのアカウントでは小学生向けにYouTubeは利用できないと思われます。(正確な情報はGoogleにお問い合わせください。)