Home » 科学の記事 » 宇宙・天文の記事 » 上級者向け宇宙シミュレーター SPACE ENGINE(スペース エンジン)

上級者向け宇宙シミュレーター SPACE ENGINE(スペース エンジン)

今日紹介するのは、上級者向けの宇宙シミュレーター SPACE ENGINE(スペース エンジン)です。スペースエンジンは、ロシアの天文学者兼プログラマーが開発している有料のWindows用ソフトウェアです。宇宙シミュレーターといえば、国立天文台が開発している無料ソフトウェアのMitakaがありますね。Mitakaは初心者〜中級者向けのシミュレーターなのに対して、スペースエンジンは上級者向けのソフトになります。Mitakaよりもハイクオリティな宇宙を楽しみたい人にお勧めです。


【スポンサードリンク】

SPACE ENGINE(スペース エンジン)

こちらがスペースエンジンの公式ホームページと公式動画です。ぜひ動画を再生してみてください。

素晴らしい高品質な宇宙の映像ですね。スペースエンジンは天文学者が開発しているため、現代の物理学・天文学に忠実な宇宙の姿を可能な範囲で再現しています。

個人的に一番感動したのは、ブラックホールです。ブラックホールの周りの膠着円盤やジェットまで再現されており感動しました。ブラックホールを解説する際、Mitakaでは別の動画や画像を用意していたのですが、スペースエンジンを使えばスペースエンジンだけで説明できてしまいます。

スペースエンジンには、宇宙遊泳ができるプラネタリウムモードの他に、フライトシミュレーターモードが用意されています。フライトシミュレーターモードでは、ニュートン物理学に基づいた宇宙船を操作して、様々な銀河や恒星を旅することも可能です。SF好きの人にはたまらないモードだと思います。

このようにスペースエンジンは素晴らしいソフトウェアなのですが、3つほど弱点があります。

1つ目は有料ソフトウェアであることです。Mitakaが無料なのに対して、スペースエンジンは¥2,570します。(個人的には、内容を考えるとこの値段は安すぎると思っています。)

2つ目はパソコンのスペックの要求が高いことです。シミュレーターの内容が充実している分、パソコンに負荷がかかっています。これはトレードオフなので仕方がないですね。私のパソコンでもスペースエンジン起動中はずっとファンが回りっぱなしです。

最小推奨
CPUDual-core 2 GHzQuad-core 3 GHz
GPUNvidia or AMD/ATI with 2 GB dedicated memoryNvidia or AMD/ATI with 4 GB dedicated
RAM4 GB8 GB
OSWindows 7Windows 10

そして3つ目はシミュレーターの操作が難しいことです。小学生には大人が付き添わないとちょっと難しいと思います。ただし操作が難しいといっても、丁寧なチュートリアルがちゃんと用意されているため安心してください。また最新バージョンでは日本語にもちゃんと対応しています(ただし一部、英語のままの箇所はありました)。

このようにスペースエンジンは「使う人を選ぶ宇宙シミュレーター」ではありますが、高品質な宇宙の映像を楽しみたい方にはとってもお勧めです。興味のある人は、是非ダウンロードして使ってみてくださいね。


コメント

  1. […] 今日はめずらしくガジェット系の記事です。「上級者向け宇宙シミュレータでー SPACE ENGINE(スペース エンジン)」の宇宙の映像を録画・配信しようと試みているのですが、手持ちのパソコン(Macbook Pro)のスペックが足りなくて上手くいきません。パソコンが熱を持ってしまい、ファンの音もうるさいのです。今日のブログの内容は、この問題を解決しようと試行錯誤した情報収集のまとめになります。 […]