Home » 保護者向けの記事 » 都内私立学校の新高校一年を対象にしたICT端末購入の新しい補助金

都内私立学校の新高校一年を対象にしたICT端末購入の新しい補助金

東京都の私立学校を対象にした補助金情報です。昨年末は公立高校を対象にした生徒1人1台ICT端末導入のための交付金が発表されましたが、今回は私立学校向けに補助金の案内が出されました。東京都では新高校一年のICT端末を対象に、1人あたり最高6万円まで補助がおります。注目すべきは、学校購入だけでなく家庭購入(BYOD/BYAD)でも補助がおりる点です。保護者の方には「ICT端末購入の証拠書類(領収書)」を保管しておくようアナウンスしておくと良いでしょう。


【スポンサードリンク】

私立高等学校等端末整備費補助

都内の私立学校には公益財団法人東京都私学財団から案内が届いていると思いますので、詳細はそちらをご覧ください。ここでは簡易的にポイントを紹介します。

  • 補助対象は、都内の私立学校・特別支援学校(高等部)
  • 補助対象範囲は新入学生1年分で、学習用各種端末機器とその付属品(キーボード、タッチペン、マウス、保護フィルム等)に関わる購入費(リースの場合は申請年度分に限る)
  • 学校による端末整備の補助上限は、1台あたり6万円で学校負担額は3万円定額
  • BYODなど保護者が端末を負担する場合の上限は、1人あたり6万円で保護者負担額は3万円定額
  • 低所得者、多子世帯への負担軽減をおこなった場合、補助額が加算される
  • 申請受付期間は令和4年9月1日〜9月30日

具体的な申請方法は、令和4年5月ごろに東京都私学財団から案内があるかと思います。

最後に、以前から都内私立学校が利用できる「私立学校デジタル教育環境整備補助」ですが、今回の新しい補助金を受けて再整理されるそうです。具体的には「私立高等学校では生徒一人1台端末分が除外される」「補助対象限度額が2,000万円から1,500万円、補助率1/2になる」とのことです。こちらの補助を申請される学校は注意しておきましょう。