Home » 学生向けの記事 » 4つのデザイン原則

4つのデザイン原則

最近、データサイエンスのお仕事でダッシュボードを開発しています。ユーザーが使いやすいユーザーインターフェイス(UI)を作るのが腕の見せどころなのですが、その際に役立つのが「4つのデザイン原則」です。4つのデザイン原則とは「近接」「整列」「反復」「コントラスト」になります。これをしっかり押さえることで、デザイナーでなくとも「ハズさない」デザインを作れるようになります。


【スポンサードリンク】

ノンデザイナーズ・デザインブック

私が「4つのデザイン原則」について学んだのはこちらの本「ノンデザイナーズ・デザインブック」からです。本職のデザイナーでない人のために書かれたデザインの基本原則についての書籍です。

一般の方向けに書かれた本なだけあって、内容は非常に分かりやすいです。「デザイン」と聞くとつい身構えてしまいますが、ここで紹介されているのは「近接」「整列」「反復」「コントラスト」の4つだけ。この4つの原則を押さえておくだけで、ダッシュボードのUIデザインはもちろんのこと、パンフレットやリーフレットのデザインチェックもできるようになります。

4つのデザイン原則「近接」「整列」「反復」「コントラスト」の内容について興味のある方は、次のサイトをご覧ください。(著作権は大丈夫なのか心配になるぐらい本書の内容が引用されていますが、「ノンデザイナーズ・デザインブック」の担当者もコメントしているので問題ないのでしょう。)

4つのデザイン原則について教えてもらう前と後では、デザインを見る目が変わります。本当に素晴らしい本ですので、デザインに興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいね。