Home » 教育者向けの記事 » AIの記事 » 【お勧め記事】スポーツの地域格差は無くせるか?プロバスケットボールクラブも驚く最新AIアプリとは

【お勧め記事】スポーツの地域格差は無くせるか?プロバスケットボールクラブも驚く最新AIアプリとは

教員の働き方改革の一環で部活動の地域移行が進められていますが、一方で地域での指導者の確保が難しいという大きな課題が浮かび上がっています。この問題に対する一つの解決策が、今回紹介する記事で書かれている「AIスマートコーチ」かもしれません。このアプリは、動画の比較、分析、そして振り返りを通じてスポーツ技術の向上をサポートします。利用者は、「映像比較」機能を通じて、模範や先輩の動画と自分の動画を比較したり、「活動記録」機能で日々のトレーニング状況を記録することが可能です。ダンス、バスケットボール、ゴルフなど、多岐にわたるスポーツに対応しています。

こうした専用のアプリだけでなく、ChatGPTを活用して部活動の指導を支援している私立学校も存在することが報告されています。将来的には、生成AIやAIスマートコーチのような最先端AI技術を取り入れた活動が、部活動の基盤となる可能性があります。詳細情報については、リンク先の記事をご覧ください。


【スポンサードリンク】

お勧め記事

お勧め記事はこちらです。

スポーツは多くの人に夢や希望を与え続けていますが、一方で「スポーツ教育」においては、指導者不足や地域格差などの社会課題があります。こうした課題に対してソフトバンクとB.LEAGUEのプロバスケットボールクラブ・長崎ヴェルカが行っている「AI」も活用したスポーツ教育の取り組みに大橋未歩さんが迫ります。