Home » 教育者向けの記事 » ICTの記事 » 【Zoom】オンライン授業中に音楽やBGMを流す方法

【Zoom】オンライン授業中に音楽やBGMを流す方法

今日はZoomの小技を紹介したいと思います。オンラインで授業や講演会を行っていると、演出として音楽やBGMを流したいときがあります。普通のオンライン授業では授業の邪魔になることが多いのでお勧めしませんが、ここぞという時は音楽の力を借りたいものです。私も先日のジュニア天文合宿では、宇宙を彷彿させるBGMを講座中に流していました。Zoomの操作はとても簡単ですので、よかったらご活用ください。


【スポンサードリンク】

画面共有をしながら音楽を流す方法

最初に紹介するのは、パワーポイントのスライドなどを画面共有しながら、そのバックで音楽を流す方法です。まずはZoomのミーティング画面から「画面の共有」をクリックしてください(❶)。

そうすると画面共有のウィンドウが表示されますので、共有したいスライド等を選択します(❷)。このとき、ウィンドウ左下にある「コンピューターの音声を共有」にチェックをいれた状態で、右下の「画面の共有」ボタンをクリックすればOKです。

このように画面共有を行うと、オンライン授業を受けている生徒たちには「パソコンのスライド」だけでなく「パソコンの音声」も配信することができます。ですので、パソコンから音楽プレイヤーやYouTubeなどから音楽を再生させると、自動で生徒たちに音楽を届けることができます。音楽を止めたい時は、音楽プレイヤーやYouTubeの再生を止めればOKです。(なお、画面共有を停止させると、自動で音楽の配信も止まります。)

ビデオ通話のまま音楽だけを配信する方法

次に紹介するのは、ビデオ通話状態のまま音楽だけを配信する方法です。「講演会などでスライドは使わないけれど視聴者にBGMは届けたい」といった場合に活用できる小技です。オンラインで生徒たちの表彰式を行う時の演出にも使えるおt思います。Zoomの操作は拍子抜けするほど簡単です。

先ほどと同じように、Zoomのミーティング画面から「画面の共有」をクリックしてください(❶)。画面共有のウィンドウが表示されますので、「詳細」タブを選択します(❷)。そして「コンピューターの音声のみ」を選択した状態(❸)で、右下の「画面の共有」ボタンをクリックすればOKです(❹)。

このようにZoomの操作を行うと、オンライン授業を受けている生徒たちにパソコンの音声」を配信することができます。画面共有はされませんので、ビデオ通話(お互いの顔が見れる状態)のまま音楽やBGMを配信することができます。

この状態で、パソコンから音楽を再生させれば、自動で生徒たちに音楽を届けることができます。音楽を止めたい時は、音楽プレイヤーやYouTubeの再生を止めればOKです。音楽の共有自体を止めたい時は、Zoomの画面上部にある「共有の停止」ボタンをクリックすれば、配信設定を解除することができます。

音楽の共有は、Zoomでちょっとした演出をしたいときに重宝機能です。良かったら活用してみてください。