3月のアクセスランキング

4月になりましたので、2020年3月のアクセスランキングを紹介します。TOP3は1位「卒業式のライブ配信を検討するための参考サイトと補足情報」、2位「ピンチをチャンスに変える休校対策」、3位「プログラミング教育と脱工業化社会(3)小・中・高の必修化のポイント」でした。1位と2位ともに新型コロナウイルスによる休校対策に関する記事ですので、先生方の関心の高さが伺えます。 【スポンサードリンク】 アクセスランキング 卒業式のライブ配信を検討するための参考サイトと補足情報ピンチをチャンスに変える休校対策プログラミング教育と脱工業化社会(3)小・中・高の必修化のポイントマインクラフトでプログラミングをす …

Read More »

打ち合わせ

今日はサポート校の校長・先生方と打ち合わせをしてきました。議題は「4月以降の休校中の学習について」です。都立高校は大型連休終わるまで休校を決めましたが、同様に私立学校も対応に動いています。新型コロナウイルスの収束はいまだ見えないため、学校も中長期の休校を視野に入れた対応を検討し始めました。学校再開のひとつの目安はゴールデンウィーク明けの5月6日ですが、休校期間がさらに延長される可能性は十分にあります。一学期全部が休校、場合によっては1年間も視野に入れた計画が求められています。 【スポンサードリンク】 今日の打ち合わせで改めて実感したのが、年度をまたぐ時期ゆえの難しさです。今回打ち合わせしたサポ …

Read More »

オンライン授業が広まった後の不測の事態に備えよう(3)

昨日の続きです。3月31日に東大が全部局の授業のオンライン化を発表しました。いよいよオンライン授業に注目が集まりますね。家庭でのインターネット通信の不具合を想定して、学校の管理職の先生は今のうちに動いておくと良いでしょう。この際の基本的な考え方は、脱工業化社会のコードがポイントになります。「zoom以外のサービスを使ったオンライン授業の検討」は、利用サービスがzoomに集中する状況を分散化する対策です。「講義動画の配信準備」は、生徒が学習する時間帯を分散化しています。そして「Google classroomやoffice365などの生徒利用」は、学習方法の分散化(個別最適化)に繋がります。 【 …

Read More »

オンライン授業が広まった後の不測の事態に備えよう(2)

昨日の続きです。多くの学校がオンライン授業を導入し始めると、今までに無かった問題が浮上する可能性があります。それは、家庭でのインターネット通信の不具合です。このような事態を想定して、学校の管理職の先生は今のうちに動いておくと良いでしょう。この際の基本的な考え方は、脱工業化社会のコードである「分散化」がポイントになります。具体的な対応策と一緒にみていきましょう。 【スポンサードリンク】 具体的な対応策としては、次の3つをお勧めします。 zoom以外サービスを使ったオンライン授業の検討講義動画の配信準備生徒一人一人にクラウドIDを付与(Google classroomがお勧め) 一つ目は、zoom …

Read More »

オンライン授業が広まった後の不測の事態に備えよう(1)

昨日、Facebookで「これからZOOMでオンライン授業をしようと思っている教員の方へ」という記事をシェアしました。ZOOMを使ったオンライン授業のやり方について情報が分かりやすくまとまっており、お勧めです。 文部科学省からは3月24日に「学校再開にむけてのガイドライン」が出されましたが、日本医師会が30日に「緊急事態宣言 もう発令してもよい」と発信したり、都内のロックダウンが議論されたりしている情勢を見ていると、残念ながら4月以降も学校再開は難しいのではないかと感じています。そうなると学校の選択肢のひとつとして、今まで以上にオンライン授業が注目・検討されるだろうと予想されます。 しかし、多 …

Read More »

【明日再放送】カネのない宇宙人 信州 閉鎖危機に揺れる天文台

一昨日と昨日の記事で紹介したTV番組「カネのない宇宙人 信州 閉鎖危機に揺れる天文台」ですが、明日(3/31)夕方のニュース番組の特集枠(約10分)で再放送されるそうです。同番組過去最大の反響があったそうで、元・野辺山観測所関係者として喜んでいます。多くの方にご覧いただけると嬉しいです。再放送の情報はこちら。(関東の再放送は「news.every」16:30 ~ 16:50予定) 【スポンサードリンク】 放送地区:関東・山形・静岡・広島・香川・愛媛・徳島・山口・熊本・長崎関東→「news.every」3/31 16:30 ~ 16:50予定長野→「ゆうがたGet!」3/31 17:20 〜 1 …

Read More »

科学の軍事研究にNOと言おう

昨日、私が大学院時代に過ごした国立天文台・野辺山電波観測所のドキュメンタリー番組を観ました。「カネのない宇宙人 信州 閉鎖危機に揺れる天文台」です。番組の最初は、同期の友人や顔見知りの研究者が出演しており楽しかったのですが、徐々に観測所の財政難の様子が明らかになり、観ていて胸が苦しくなりました。「利益になること」「役に立つこと」を重視する国の政策によって、観測所の予算が大幅に減らされたことが原因です。最盛期には学生を含め120人いた所員は31人にまで減ってしまい、光熱費削減のため観測所本館までもが閉鎖されてしまいました。そんな折に、「研究資金を確保するために国立天文台が軍事研究を検討する」とい …

Read More »

カネのない宇宙人 信州 閉鎖危機に揺れる天文台

年度末が期限だったお仕事を昨日仕上げることができ、今週末は久しぶりにゆっくりと過ごしています。不要不急の外出は控えるとのことなので、家の近所を1時間ぐらい散歩した後は、忙しくて放置していたテレビ番組を観ることにしました。その番組名は「カネのない宇宙人 信州 閉鎖危機に揺れる天文台」。私が大学院生時代の大半を過ごした場所、野辺山電波観測所のドキュメンタリーです。 【スポンサードリンク】 こちらが長野県にある国立天文台野辺山宇宙電波観測所です。その名前の通り、電波を使って宇宙を観測する天文台です。野辺山観測所の代名詞でもある45メートル電波望遠鏡は1981年、今から39年前に作られました。この45 …

Read More »

プログラミング教育と脱工業化社会(11)AIに代替される仕事の見分け方

(承前)前回の続きです。プログラミング教育が必修化された背景には、第4次産業革命とIT人材不足があります。保護者・教員の立場として頭によぎるのが「プログラミングを学んでおけば、子供の将来は安泰かもしれない」という考えでしょう。実は「プログラミングを使った仕事」の中には、生涯仕事に困らないような仕事もあれば、誰にでも出来る専門性の低い仕事や自動化AIに代替されてしまうような仕事もあるのです。プログラミング教育に興味のある保護者や教員の方は、「将来有望なプログラミングの仕事」と「価値が下がっていくプログラミングの仕事」の見分け方を知っておいた方が良いでしょう。今回は、「AIに代替される仕事の見分け …

Read More »

AIは準備が大変

私のメインのお仕事は教育コンサルタントで、普段は学校で教員研修を行ったり講演会でお話をしたりしています。でも実はこっそりエンジニアの仕事も行っています。もちろん本業の負担にならない程度に、ですが。昔のようにゼロからウェブサービスやアプリを開発する時間はとれませんが、ちょっとした相談や開発は引き受けてきました。そして先日、ちょっと面白い案件の相談がやってきました。 【スポンサードリンク】 守秘義務があるので詳しくは言えませんが、相談内容は「ある経営数字を事前に予測したい」といったものでした。最初は、「過去の経営データから統計モデルを構築して予測精度を高めていく」という方針で考えていました。 とこ …

Read More »

プログラミング教育と脱工業化社会(10)誰にでも出来るプログラミングの仕事

(承前)前回の続きです。プログラミング教育が必修化された背景には、第4次産業革命とIT人材不足があります。保護者・教員の立場として頭によぎるのが「プログラミングを学んでおけば、子供の将来は安泰かもしれない」という考えでしょう。実は「プログラミングを使った仕事」の中には、生涯仕事に困らないような仕事もあれば、誰にでも出来る専門性の低い仕事や自動化AIに代替されてしまうような仕事もあるのです。プログラミング教育に興味のある保護者や教員の方は、「将来有望なプログラミングの仕事」と「価値が下がっていくプログラミングの仕事」の見分け方を知っておいた方が良いでしょう。今回はまず、「誰にでも出来る専門性の低 …

Read More »

プログラミング教育と脱工業化社会(9)プログラミングを学べば将来安泰?

(承前)プログラミング教育が必修化された背景には、第4次産業革命とIT人材不足があります。そのような時代背景を踏まえて、文部科学省の考える「プログラミング教育の”Know Why(なぜプログラミング教育をするのか)”」と「IT人材育成戦略の本音」を紹介してきました。ここで保護者・教員の立場として頭によぎるのが「プログラミングを学んでおけば、子供の将来は安泰かもしれない」という考えでしょう。果たして、プログラミングを学んでおけば将来仕事に困らないのでしょうか。考えてみましょう。 【スポンサードリンク】 プログラミングを学べば仕事に困らない? Facebookのある役員がイベントで次のように語った …

Read More »

プログラミング教育と脱工業化社会(8)文部科学省のIT人材育成の本音

(承前)前回の続きです。プログラミング教育が必修化された背景には、第4次産業革命とIT人材不足があります。そのような時代背景を踏まえて、文部科学省の考える「プログラミング教育の”Know Why(なぜプログラミング教育をするのか)”」と学校の想定環境について紹介しました。しかしながら学習指導要領が規定するプログラミングの水準で、果たして第4次産業革命に必要なIT人材を育成できるのでしょうか。文部科学省がどのような人材育成の戦略を考えているのか、その本音を見ていきましょう。 【スポンサードリンク】 予測されるIT人材不足 第4次産業革命によって様々な市場の拡大・成長が期待されていますが、そのため …

Read More »

隣の本棚の勧め

新年度が近いので、昨日に続いて学生・新社会人向けの記事になります。勉強のための書籍を買うとき、今はAmazonを利用することがほとんどですが、昔は頻繁に大型書店に足を運んでいました。大型書店がAmazonより優れている点は、なんといっても実際に本を立ち読みして判断できることですよね。でも個人的にはもうひとつ、大きなメリットがあると思っています。それは、隣の本棚です。 【スポンサードリンク】 私が書店で本を買うとき、目的の書籍が見つかったあと、その両隣の本棚をチェックすることを習慣にしています。実はこの習慣、私がまだ大学生の頃に、尊敬していた社会人のメンターの方にお勧めされた方法なんです。 なぜ …

Read More »

仕事の選び方

年初の頃のお話です。友人が主催していた勉強会・セミナーに参加したのですが、そこである大学生の青年と知り合いました。その青年は教育をテーマにアクティブに活動しており、私も彼に好感を持ちました。セミナー終了後に参加者数名で軽い食事をしたあと、帰り道で彼と2人になりました。彼曰く、色々な活動がとても楽しくてしかたない。あれもやりたいし、これもやりたい。やりたいことが多すぎて時間が足りず、全部はできないんです。やる仕事はどうやって選んだら良いですか、と相談されました。 【スポンサードリンク】 仕事の選び方は難しいですし、全員に当てはまるような100点満点の正解は勿論ありません。ただ、それでは立つ瀬がな …

Read More »